ヘルプ

URLが日本語になってしまう

URLカスタマイズを設定して、カテゴリーURLや、記事のURLの設定をしていない場合、記事のURLが日本語になる可能性があります。

・カテゴリーが日本語になる
カテゴリーが日本語で設定されており、カテゴリーURLの指定がされていない
カテゴリーURLが指定されていない場合は、カテゴリー名がそのままURLとして指定されます。カテゴリーを日本語で設定している場合は、日本語になります。
これを回避するには、カテゴリー:日本語 カテゴリーURL:英数字 という組み合わせでカテゴリー設定を行なってください。

・カテゴリーは英数字だが、個別記事URLの一部が日本語になってしまっている
記事のタイトルを書き込んで、記事URLの指定をしていない場合、記事タイトルそのままが記事のURLとして設定されます。
一記事ずつ記事別URLを設定してください。過去に書いた記事すべての設定を行う必要があります。

・記事別URLが記事を書いた日時(年月日)になっている または無題というタイトルに連番数字が割り振ってある
記事のタイトルがなく、記事URLも指定していない場合、URLカスタマイズ設定後は記事を書き込んだ日付がURLとして自動設定されます。
URLカスタマイズ設定前は、『無題(タイトルの無い記事のカウント数)』になります。

カテゴリーは、カテゴリーURLを設定するだけで即時反映されますが、記事別URLは一記事ずつ設定して頂く必要があります。
また、エクスポートを行った場合、忍者ブログ同士でも、ブログの記事URLデータは引き継がれません。
エクスポート後は再度記事URLの設定を行なってください。