ヘルプ

[独自タグ]現在のページから別のページに移動する

ここで紹介をする独自タグは、前のページに移動する、次のページを移動する等、ブログのページ移動の処理を行います。

■[前後ページへのリンク]




もしも前・次のページがあったら


ブログに前のページ・次のページが記事があった場合、それぞれのページへのリンクを作成します。

移動用タグ タグ例

もしも前のページがあったら という条件をつけます。 前のページがあったら前のページへのリンクを貼り付ける場合などに使用します。

<!––if_prev_page––>
<a href=”<!––$pagelink_prev_link––>”><!––$pagelink_prev_title––>(<!––$pagelink_prev_category––>)</a>
<!––/if_prev_page––>
<!––if_not_page––><a href=”<!––$g_url––>”>HOME</a><!––/if_not_page––><!––if_next_page––>
<a href=”<!––$pagelink_next_link––>”><!––$pagelink_next_title––>(<!––$pagelink_next_category––>)</a>
>><!––/if_next_page––>


もしも次のページがあったら という条件をつけます。 次のページがあったら次のページへのリンクを貼り付ける場合などに使用します。


前のページの記事のカテゴリ名を表示する


次のページの記事のカテゴリ名を表示する


次のページのURLを表示する
詳細記事の場合は次の詳細記事ページとなります。
<!––if_entry––>
<a href=”<!––$pagelink_prev_link––>”>前の記事[<!––$pagelink_prev_title––>]</a>
<a href=”<!––$pagelink_next_link––>”>次の記事[<!––$pagelink_next_title––>]</a>
<!––/if_entry––>

<!––if_not_entry––>
<a href=”<!––$pagelink_prev_link––>”>前のページ[<!––$pagelink_prev_title––>]</a>
<a href=”<!––$pagelink_next_link––>”>次のページ[<!––$pagelink_next_title––>]</a>
<!––/if_not_entry––>



次のページのタイトルを表示する
詳細記事の場合は次の記事のタイトル、そのほかの場合はページ番号が表示されます


前のページのURLを表示する
詳細記事の場合は次の詳細記事ページとなります。


前のページのタイトルを表示する
詳細記事の場合は前の記事のタイトル、そのほかの場合はページ番号が表示されます。


現在のページから見て、前後のページ5件へのリンクを表示します。
リンクは数字で表示されます。
(表示しているページは含みません)
<!––pagelink_10––>[<!––$pagelink_10_link––>]<!––/pagelink_10––>



記事へのリンクです。
<a href=”LINKURL”>記事番号</a>として表示します。

TOP