ヘルプ

オリジナル「404 Not Found」ページの作成と設定

「404 Not Found」エラー用ページを作成する

指定されたURLが存在しない場合に表示される「404 Not Found」の画面を、自分が作成したオリジナルの「404 Not Found」に変更することができます。

・「404 Not Found」(存在しない)になったときに表示したいHTMLファイルを作りましょう。
  ※ファイル名は「404.html」にしてください。

 
・FTPソフトでアップロードしましょう。
  ※フォルダには入れないでください。ディレクトリ直下(FTPで接続したそのままの場所)に、アップロードしましょう。

画像がうまく表示されない場合

「404.html」はあなたのホームページの様々な場所から参照されます。
そのため、画像が「相対パス」で指定されている場合は、「404.html」を表示した際に指定ずれが起きる場合があります。
「404.html」ファイルで画像を使用する場合、画像のパスは「絶対パス」で指定することをお勧めします。

自分で作成した「404.html」が表示されない場合

ブラウザ側の設定で、「HTTPエラーメッセージを簡易表示にする」にチェックが付いている場合、
「404.html」のHTMLファイルサイズが512バイト以上必要です。
「404.html」は、512バイト以上になるように作成してください。