ヘルプ

[独自タグ]個別ページを表示する

ここで紹介をする独自タグは、忍者ブログの『ページ』作成機能を利用するためのタグです。
『ページ』は、「もしも~だったら」「もしも~じゃなかったら」の【条件式】タグと、ページタイトルや本文を表示する【変数】タグを組み合わせて表示します。
【条件式】、【変数】のどちらか片方だけ設定しても意図通りに表示することはできません。
また、作成したページを一覧表示する【繰り返し】タグと【変数】タグを組みわせて、更に見やすい『ページ』を表示することができます。

【条件式】

もしも~だったら~を表示する
■[もしも『ページ』だったら]
■[もしも『トップページ』という設定だったら]
それぞれが『もしも~だったら』『~を表示する』という肯定した上での表示処理になります。

もしも~じゃなかったら表示する
■[もしも『ページ』じゃなかったら]
■[もしも『トップページ』じゃなかったら]
それぞれが『もしも~じゃなかったら』『~を表示する』という否定した上での表示処理になります。

【変数】 

ページのタイトルと本文を表示する
条件式と併せて使用し、ページのタイトルと本文を表示します。

作ったページをリンク表示する(ページ一覧表示用独自タグ)
作成したページを自動的にリンクし、メニューのように表示します。
※このタグは、ページのタイトルを自動的に表示するので、メニュー用のタグを設定する場合は、タイトルに十分気をつけてください。




もしも~だったら


ifで肯定する『もしも~だったら』という記述です。

もしも、~だったら ~を表示する タグ例


もしも『ページ』だったら、記述したものを表示する、という【条件式】
です。
『ページ』機能は、【条件式】+タイトルと本文などのページの中身を
表示する【変数】の組み合わせで作成します。
『ブログ』と『ページ』機能はそもそもの構造が違うため、ブログでは
利用できていた独自タグも、ページの場合は利用できなくなる可能性が
あります。ご了承ください。
CSSの指定は可能です。ページデザイン用のCSSをテンプレートに書き
込んでください。

<!––if_static_page––>
タイトル :<!––$static_page_title––>
内容 : <!––$static_page_text––>
<!––/if_static_page––>


もしも『トップページ』として指定されていたら、表示するという条件で
表示します。
『トップページ』指定をしていた場合に、他の『ページ』とは違う特別な
デザインを使用したい場合に利用すると便利です。
『トップページ』にだけ背景を表示させたり、『ページ』で共通表示して
いるものを『トップページ』にだけ表示したくない場合に表示します。
『トップページ』にも、通常の『ページ』表示用【変数】タグを設定して
ください。

<!––if_toppage––>
タイトル :<!––$static_page_title––>
内容 : <!––$static_page_text––>
<!––/if_toppage––>

TOP


もしも~じゃなかったら


ifnotで否定して表示する『もしも~じゃなかったら~表示する』という記述です。

もしも、~じゃなかったら~を表示する タグ例

もしも『ページ』じゃなかったら、~を表示するという条件を指定します。
『ページ』じゃなかった場合に表示するものを指定します。

<!––if_not_static_page––>
『ページ』じゃなかった場合に表示する
『ページ』じゃないから普通のブログだよ
<!––/if_not_static_page––>


『ページ』の中で、『トップページ』として指定されていない場合にこの条件を設定します。

<!––if_not_static_toppage––>
タイトル :<!––$static_page_title––>
内容 : <!––$static_page_text––>
トップページって指定されていない普通のページだよ
<!––/if_not_static_toppage––>

TOP


ページのタイトルと本文を表示する

ページタイトルと本文を表示する タグ例

【条件式】のタグと組み合わせて使用する、【変数】です。
『ページ』は、タイトルと本文テキストを入力して表示するものですが、
タイトルを表示したくなくてタイトル用変数タグを書き込まないまま
でも問題ありません。
基本的にはブログ自体に設定されているCSSが優先されますが、
CSSと組み合わせてページのみ特別な表示にすることも可能です。

<!––if_static_page––>
タイトル :<!––$static_page_title––>
内容 : <!––$static_page_text––>
<!––/if_static_page––>

TOP


作ったページをリンク表示する タグ例

作成されているページ数分、【繰り返し】を行う制御タグです。
繰り返しタグと後述の変数タグを組み合わせ、作成したページをメニューリンクのように表示することができます。
基本的にはブログ自体に設定されているCSSが優先されますが、CSSと組み合わせてメニューをデザインすることもできます。

<!–blog_page–>■繰り返しタグに対応した変数を記入する■<!–/blog_page–>
ページURLを表示する タグ例

上記の【繰り返し】タグに対応した【変数】タグです。
繰り返しタグと組み合わせ、作成したページをメニューリンクのように表示することができます。
基本的にはブログ自体に設定されているCSSが優先されますが、CSSと組み合わせてメニューをデザインすることもできます。

<!–blog_page–> <$blog_page_link> <!–/blog_page–>
ページタイトルを表示する タグ例

上記の【繰り返し】タグに対応した【変数】タグです。
繰り返しタグと組み合わせ、作成したページをメニューリンクのように表示することができます。
基本的にはブログ自体に設定されているCSSが優先されますが、CSSと組み合わせてメニューをデザインすることもできます。

<!–blog_page–> <!a href=”<!––$blog_page_link––>”<!
<!––$blog_page_title––><!/a> <!–/blog_page–>

TOP